スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑さ寒さも彼岸まで~今年もまた花の窟秋季大祭の時期です~

平成24年9月21日(金) 旧暦 八月六日 先勝 乙酉


実際、一昨日の彼岸の入り辺りから、
朝晩、より涼しさが増して、
今日は昼間も爽やかに感じます。

皆さんは、お墓参りもうお済ませですか
私は次のお休みにいく予定です。

ところで、

『なぜ彼岸にお墓参りをするのか‥』

昔からのならわしのため、今まで考えもしなかったのですが、
ふと不思議になり、ちょちょっと調べてみました


まず、
仏教で、生死の海を渡って到達する悟りの世界(死後の安らかな世界である浄土)を「彼岸」。
その反対側の私たちのいる迷いや煩悩のあふれた世界を「此岸」というそうです。
そして、
彼岸は西、此岸は東にあり、昼と夜の長さがほぼ同じになる春分と秋分の日、
この日は、太陽が真東から昇って真西に沈むため、
彼岸と此岸が通じやすくなると考えられ、やがてご先祖様へ想いを馳せる日となった。

(日々是活き生き 暮らしの歳時記 参照) 

とのこと。
なるほど、やはり、自然との結びつきが、
古からずっと人々の暮らしや想いを支えているのですね。


その自然との結びつきといえば、ここ熊野。 (ちょっと無理矢理感かな
今年もまた、この日が近づいてきました。

「花の窟 秋季例大祭」

もう、嫌というほど、何度もこのブログでもご紹介していますが、
CIMG2660.jpg


この花の窟は、神話の世界や日本書紀にも登場する由緒ある歴史の古い神社。
45mもの巨岩がご神体で、社殿はありません。
古代の自然崇拝という信仰形態を今に伝える神社です。


この花の窟では、毎年2回、2月2日と10月2日に大祭が行われます。
このお祭りの特徴は、誰でも参加できること。
DSCN0120.jpg
DSCN0129.jpg

ご神体の巨岩から伸びる大綱をつかみ、神様の魂に触れる。
そうすることで、ここに葬られているイザナミノミコトの魂と繋がり、
幸せになれると言われているのです。

⇒2月2日の春季大祭の様子はコチラ

今回は10月2日の秋季大祭。
この日は、熊野倶楽部でも、
前日よりご宿泊のお客様向けにツアーを計画 しています!
名物ガイドまっちゃんのご案内付きです!
しかも、なんと無料です!

本当に本当に、おすすめの大祭とツアーなんです
どうぞ、お越しくださぁい!!!お待ちしています

※お問い合わせ・お申込は、0597-88-2045まで。


【今日の熊野の一枚】
20120921_095958.jpg
爽やかな秋晴れの一日。雲の雰囲気がやはり秋を物語っていますね。


元気娘(!?)ひまわり

↓facebookいいね!ボタン作りました!↓
↓ いいね!をどうぞお願いします! ↓
スポンサーサイト

2012.5.21 金環日食 「神々は、いる‥」

平成24年5月21日(月) 旧暦四月一日 仏滅 壬午 小満



「やはり熊野には確実に神々がいらっしゃる‥」

今日は、そのことを心の底から実感する日となりました。


おそらくお越し頂いた多くのお客様もそうお感じになったのではないでしょうか。

正直「明日は見るのは難しいかも‥」と、誰しもが思わざるを得ないような昨晩の雨。


それでも、朝、雲の切れ間から、太陽が顔を出してくれた時には、
感動の余り、思わず「うわ~ほんまにすごい!」と叫んでしまいました。

2012521eclipse.jpg
熊野倶楽部内 風待ち舞台から撮影(7:30) 


熊野の神々の御心、
お客様皆様の日頃からの良きお心がけと願い、
そして、熊野倶楽部スタッフの念力(笑)が、
通じた瞬間でした。


金環日食ツアーからお戻りのお客様、
そして熊野倶楽部内にてご覧になったお客様、
皆様一様に、満ち足りた表情をされていました。


さて、ここ熊野で次に見えるのは‥まだまだずっーとずっーと先の話。

ここ熊野の地でこの貴重な体験を皆様と共有させていただけたこと‥
それはやっぱり、奇跡に近い出来事‥なのだなぁと、

このブログを書きながらも、また感動が蘇ってきているのです。


元気娘(?)ひまわり


追記:撮影の腕がまだまだ未熟な私ですが、何とか一枚“見える”写真が撮れました。
   みなさまは、ステキな金のリング、カメラに収めることができましたか?

『丸山千枚田の田植え』&『金環日食鑑賞ツアー』

平成24年5月7日(月) 旧暦 閏三月十七日 先勝 戊辰


みなさん、GWはよい休日をお過ごしになりました

ここ熊野倶楽部はというと‥
ほ~んまにたくさんのお客様にお越しいただき、感謝感激!!!でした

何度もお帰りいただいている方々や初めてお越しいただいた方々、
多くのお客様からステキな笑顔をいただいて、うれしくてうれしくて、
元気娘(?)は、より一層元気娘になってしまいました


ところで、このGW中も多くのお客様が、
『丸山千枚田を見に行ってきます~!』とおっしゃっていましたが、
ホントに皆様よくご存知!

だって、ほんまこの時期の丸山千枚田の綺麗なことと言ったら
ほらっ‥こんな感じですよ~!!

ピンク色に染まる
(写真は田植が終わっちゃってる昨年のモノ)

水がはられて、太陽の光や夕陽が水面で反射して、ホントに神秘的。
一年の中でも、一番おすすめの時期かもしれません。

そんな丸山千枚田‥もうすぐ田植の時期がやってきます。
毎年、熊野倶楽部では、前日よりご宿泊のお客様を無料で
『丸山千枚田 田植ツアー』へご案内しています。

田植2011年5月15日

もちろん今年も開催しますよ!!
5月20日(日)、是非ご参加くださいね!

加えて、今年はスペシャルな日が続きます!

田植ツアーの次の日5月21日(月)は、
なんと、数十年に1回の『金環日食』が!!
しかも、金環日食観測には、ここ熊野は絶好の場所とのこと!

map-japan-no-text.jpg
『これは、ぜひともお客様をこの神秘的な観測へご案内したい‥』ということで‥
七里御浜で見る!『金環日食鑑賞ツアー』もご用意しました!!

そして、どちらも参加したいなあ!とお思いのお客様にはとっておきのプランをご用意!!
                 
『丸山千枚田の田植え』&『金環日食鑑賞ツアー』付き連泊プラン


それぞれのツアーの詳細はこちら!!
熊野倶楽部いんふぉめーしょん

あ~、今から楽しみで楽しみでしょうがない

熊野の神様、どうか2日間ともお天気にしてください!!!!


元気!娘(?)ひまわり



必見!花の窟神社 春季例大祭とツアー

平成24年1月16日(月) 旧暦十二月二十三日 丙子 仏滅


今年もこの季節がやってきました!

『世界遺産 花の窟神社 春季例大祭』。

もう何度もブログの中でもご紹介していますが、少しおさらいです。

hananoiwaya6.jpg

ここ花の窟は、日本書紀にも登場する日本最古の神社であり、
日本の八百万の神々をお産みになった伊弉冉尊(イザナミノミコト)の御陵として
言い伝えられています。

神社とはいえ、社殿はありません。

高さ約45メートルの巨岩がご神体で、
かつての熊野の自然信仰の姿がそのまま残っています。

そして、日本書紀の中で記されているのが、年二回行われる例大祭の『お綱掛け神事』。

この神事では、百尋(約160メートル)の大綱をご神体の窟の頂上から七里御浜まで引き出し、
境内の支柱に結びつけ、五穀豊穣を祈願します。
千数百年も前から受け継ぎ、神とのつながり、神の恵みを頂くことへの感謝を表してきた、それがこの神事です。

otunakake.jpg

この神事の一番の魅力は、なんと言っても、
『どなたでもお綱の引き役・渡し役ができること』。

tunawatasi.jpg

お綱に触れ、伊弉冉尊(イザナミノミコト)の魂と一体になることで、幸せになれる‥そう言われています。

今年は、自然と神々と人と‥その結び繋がりを、一緒に体感しませんか?



花の窟神社春季例大祭ツアーのご案内

今年も熊野倶楽部では、
ご宿泊のお客様を、古を今に伝えるこの神事へご案内するツアーを開催します。

日 時 平成24年2月2日(木)9:30 熊野倶楽部出発 
         ※2月1日よりご宿泊のお客様が対象となります。
参加費 無料!
その他 花の窟を知り尽くした名物語り部“まっちゃん”がご案内!


お申し込み・お問い合わせ 熊野倶楽部 TEL:0597-88-2045まで。


元気娘(?)ひまわり

追伸
私も今年は必ず行きます!!そして、必ず幸せに‥

平成24年元日

平成24年1月1日(日) 旧暦十二月八日 辛酉 先勝 元日

新年明けましておめでとうございます。

里創人熊野倶楽部、おかげさまで3度目のお正月を迎えることができました。
旧年中の皆様のご愛顧に心より御礼申し上げます。
どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。                   熊野倶楽部里人一同



さて、元日といえばやはり、すでに恒例となっております
ご宿泊のお客様限定『七里御浜で初日の出を拝むツアー』。

本日は、なんと史上最高45名のお客様にご参加頂きました!
(ご宿泊のお客様全体の約半数です!)

2、3日前の天気予報では、雨の確率が高いとのことでしたが、
前日の予報では、曇り時々晴れに!!
心の中、いや外でも叫んでおりました!
絶対ご来光をおがめますようにーーーー!!!!

そして、私の、いえ、ご参加頂いた皆様の祈りが通じた瞬間がコレです。

the sunrise on New Years Day.1

the sunrise on New Years Day.2

雲の切れ間から太陽の光がどんどん広がり、海面に一筋の光の道を作っていました。
これもきっと、ご参加頂いた皆様の日頃のお心がけと熊野の神様のおかげ。
なんとも神秘的な時間を体感しました。

ご来光を拝んだ後は、世界遺産花の窟へ初詣。
と、丁度『獅子舞』が披露されていました!!
shishimai.jpg
素敵な獅子舞を披露されていたのは、国指定の重要無形民俗文化財である『伊勢大神楽講社』。
毎年、新年を迎えると伊勢からいらっしゃって、花の窟や熊野の家々を回って、
厄除けや家内安全などの舞を披露されているそうです。

そして、舞の最後には必ず獅子に頭をがぶりと噛んでいただく。
これで、その年は無病息災で元気に過ごせるとのこと。

ということで、ツアーご参加の皆様も、がぶっがぶっ!
shishigami.jpg

こうして、今年の初日の出&初詣ツアーは、とても盛り沢山な内容となったのでした。

朝早くから約2時間のツアーへご参加頂き、誠にありがとうございました。
また新たな年を迎え、皆々様のご多幸を心よりお祈り申し上げております。

元気娘(?)ひまわり

追伸
新年早々多くのお客様のステキな笑顔に出逢えたこと、
それが私たちスタッフの喜び
です。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。