スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブトムシ発見!

    平成24年7月30日           旧暦6月12日大安

               逕サ蜒・002_convert_20120730233521
先日、熊野倶楽部内でカブトムシを発見!これわメスでしたが私が子供の頃この時期には、カブトムシやクワガタなど採取して遊んだものです。
 熊野倶楽部に来たときには、夕涼みの散策ついでに昆虫の発見もたの
しんでみてわいかがですか?


                                穀雨   がとー
スポンサーサイト

『渡り蝶』~ふたたび~

平成23年10月23日()  旧暦 九月二十七日 辛亥

明日からは二十四節気のひとつ、霜降。
山間ではそろそろ夜露が霜に変わっていく頃ですね。

熊野でもあちこちで 冬支度 が始まっていきます。

昨年もこの時期に紹介しましたが、
ここ数年、熊野地方の秋の風物詩となっている渡り蝶
『アサギマダラ』が各地で見られるようになりました。

熊野倶楽部の施設内・花暦の園に植えられた
『フジバカマ』 の周りでも飛んでいます。
asagi2011-2
写真は、熊野倶楽部に飛んで来たアサギマダラです。
asagi2011-1
今年もドライバーのTさんが撮影してくれました。

変わって・・・
こちらは一昨年ブログで紹介した写真と文章です。
よ~く見ると蝶の羽に文字が書かれているのが分かると思います。
いわゆるマーキングです。

asagimadara2009


普通の蝶だと“鱗粉(りんぷん)”といって羽に粉のような毛が生えていますが、
アサギマダラの透明な部分にはそれがなくマーキングできます。
石川県や知多半島から飛んで来た蝶もいましたよ~。
  ~中略~
日本でマーキングされた蝶が、遠く台湾などで発見されたこともあり、
なんと1,500キロ近く旅したり、1日で200キロ近い距離を移動することもある。
てなことがマーキングによって明らかになっています。
byまつ

アサギマダラは人懐っこい!?『蝶』のようです。
静かに近づけば間近で観察や撮影することができますよ。

11月初旬までは見られると思います。
皆さんも是非、会いに来てください。

on y va!

桃太郎岩

平成23年7月7日(木) 旧暦六月七日 癸亥 赤口 小暑

新暦では、七夕様。
今日の熊野は、あいにくの雨模様です。

そして、旧暦では今日から小暑。
そろそろ梅雨明けして、夏の暑さが本番を迎えます。

暑くなれば・・
泳ぎたくなる~!
水遊びがしたくなる~!


そんな夏にぴったりの場所。
大変美しい渓流と、ネーミングがおもしろい岩のご紹介をしましょう。

南牟婁郡御浜町片川地区。
尾呂志川の支流・片川川は、大変美しい渓流です。

ここに、地元じゃちょこっと有名な“桃太郎岩”があります。

桃太郎岩

桃太郎岩(反対側から)

どうですか~。
桃太郎が生まれたのように見事にポッコリと割れているでしょう。

高さ3m、幅6mほどあって、割れた部分にはがすっぽり入れます。

名もなき滝

天然ウォータースライダー

この岩のすぐ近くには、
名もなき3mほどの滝があったり、
100m以上にもわたって天然ウォータースライダーもあります。

水は飲めるんじゃないかな~、と思うくらいすっごく綺麗。

もうすぐ夏休み。
お弁当持って、水着に着替えて、家族で遊べる場所です。

ただし、途中の道に何にも看板がでていないので、
よ~く道を調べてから出かけたほうがいいですよ(^^;



By まつ

大馬の“清滝”

平成23年7月1日(金) 旧暦六月一日 丁巳 赤口 新月

6月後半は、記録的な暑さでしたね。

今日から7月。。。いよいよ暑さ本番です。

こんなときには、涼を求めてどこかに出かけてみたくなりませんか?
熊野には、美しい滝がたくさんあります。

今日は、熊野市の奥・井戸町大馬地区にある“清滝”のご紹介をします。

清滝(大馬神社)

大変ローカルな話をすると、
熊野市立井戸小学校校歌の歌いだしはこの“清滝(きよたき)”なのです。


         ♪ 大馬の森の清滝の落ちて流るる井戸の川
             みなもと遠き昔より濁らぬ水の色深し  ♪



梅雨のシーズン。
普段よりも多く流れ落ちる滝の水。

清滝アップ

熊野の国総鎮守・大馬神社の裏手を少し登って行くと
目の前に見えてきます。

名前の通り、心が清らかに成るような滝です。

静寂の中に、滝のゴ===と言う音だけが響いていました。

マイナスイオンたっぷりでお肌が綺麗になりそうな、
さらに暑さを忘れることができる場所なのです。



By まつ

ユキノシタ

平成23年6月9日(木) 旧暦五月八日 乙未 赤口 上弦の月

熊野古道散策の楽しみは、

歴史の道を歩く・・・ということだけでは、ありません。

食べ物に旬のものがあるように、
その季節だからこそ見られる旬の花(山野草)があります。

ユキノシタ(松本峠)

前回、Yさん、Kさん、Hさんに並んでいただいて
写真を撮った場所で群生していたのが、ユキノシタ
漢字で書くと雪ノ下

読んで字の如く、
耐寒性が強く、雪が上に積もっても、その下で
緑の葉が、ちゃんと育っているんですって。

半日陰の湿った岩場などに自生する植物。
花が咲く季節は、初夏です。

と~ってもおもしろい形状の花びらだと思いませんか?
上の3枚は、小さくて濃い紅色の斑点模様が入っていて、
下の2枚は白くて細長くなっています。

古道散策。

季節を感じるいろんな植物に出会える。

こういったことも、楽しみの一つです♪ 


By まつ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。