FC2ブログ

『渡り蝶』~ふたたび~

平成23年10月23日()  旧暦 九月二十七日 辛亥

明日からは二十四節気のひとつ、霜降。
山間ではそろそろ夜露が霜に変わっていく頃ですね。

熊野でもあちこちで 冬支度 が始まっていきます。

昨年もこの時期に紹介しましたが、
ここ数年、熊野地方の秋の風物詩となっている渡り蝶
『アサギマダラ』が各地で見られるようになりました。

熊野倶楽部の施設内・花暦の園に植えられた
『フジバカマ』 の周りでも飛んでいます。
asagi2011-2
写真は、熊野倶楽部に飛んで来たアサギマダラです。
asagi2011-1
今年もドライバーのTさんが撮影してくれました。

変わって・・・
こちらは一昨年ブログで紹介した写真と文章です。
よ~く見ると蝶の羽に文字が書かれているのが分かると思います。
いわゆるマーキングです。

asagimadara2009


普通の蝶だと“鱗粉(りんぷん)”といって羽に粉のような毛が生えていますが、
アサギマダラの透明な部分にはそれがなくマーキングできます。
石川県や知多半島から飛んで来た蝶もいましたよ~。
  ~中略~
日本でマーキングされた蝶が、遠く台湾などで発見されたこともあり、
なんと1,500キロ近く旅したり、1日で200キロ近い距離を移動することもある。
てなことがマーキングによって明らかになっています。
byまつ

アサギマダラは人懐っこい!?『蝶』のようです。
静かに近づけば間近で観察や撮影することができますよ。

11月初旬までは見られると思います。
皆さんも是非、会いに来てください。

on y va!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR